教会音信



  • 《献金・寄付金のお願い》

    世界基督教統一神霊協会柏教会は、教会員皆様、賛同会員、および関係者皆様の献金・寄付金で運営されております。日頃の皆様の御理解と精誠に心から感謝申し上げます。十一条献金、各種感謝献金、寄付金等は下記口座まで御入金をお願いいたします。

    みずほ銀行 柏支店
     (普)2278396
    名義:世界基督教統一神霊協会柏教会

    天国創建聖燭に関してのみ言葉

    天基3年1月2日(2012年1月24日)、真の御父母様は天福宮での天福祝祭において聖燭伝授をしてくださいました。その重要さに関しても深く語ってくださいました。以下にそのみ言葉を掲載します。各人、各家庭がしっかりとみ言葉を受け止め、貴い聖燭を伝授していただけるように準備いたしましょう。

    真のお父様のみ言葉
    『亨進様・国進様の手を経て伝授して上げなければなりません。亨進様と国進様を通して皆が伝授してもらわなければなりません。私が下に下りたらいけません(父母は父母の位置に・・・)。四人は国進様側、四人は亨進様側…、そのように分けて…蝋燭をもらいなさい…。この蝋燭は後で、皆の家庭に伝授して上げなさい。自分の氏族、氏族の代表の前に、これを家庭…、祝福受けた家庭は、この蝋燭を中心として一つにならなければなりません。

    聖塩は後で、先に血統を伝授して上げないといけないんだ。血…、伝統の前に真の御父母様の血…、血統が連結されなければなりません。そうすれば天から受けた長子圏を一千倍、一万倍、この蝋燭と共に家庭に伝授して上げなければならない。蝋燭は消さないように、何時もこれをつけて、何百年でもこの蝋燭をつけて、蝋燭をつけた条件を持って全世界が、皆同じ訓読の時間、蝋燭をつけて、家庭が聖和式をしなければなりません。

    全ての祝福家庭達は、この火を中心として一つにならなければなりません。伝統の前に真の父母の血が連結されなければなりません。この蝋燭の火と連結され、千代万代、天の家庭に侍り生きねばなりません。この蝋燭の火を消さないようにしなければなりません。世界で同じ訓読会の時間に聖燭を付け、聖和式をしなければならない。そうしてこそ講演文に書かれているように八大安息圏解放・釈放天国となります。

    だから、一つの伝統と血筋と似た姿にならなければなりません。貴方達は、この蝋燭に火をつけて、この蝋燭の伝授を受けなければなりません。宗教団体の責任者が、この火を中心として、教会・国・世界で、この火が消えないように全て火をつけて上げなければなりません。訓読会も、蝋燭の火を付けた場で行うようになっている。

    真の父母が7年若しくは8年に1度この火を新しくする。13回以上更新されたものを受けなければならない。
    そうしてこそ地上天国が可能だ。文総裁の愛はサタンまでをも溶かすものだ。両手を挙げて歓迎する参加者たちに、
    真の父母の名で、同参した価値を認定いたします。アージュ。』

    | 2012-02-05 | 教会音信