• 大胆、 あっ、あれは“自叙伝PR看板”!

    柏駅から徒歩15分、JR線をまたぎ東口から西口方面へ、あるいは西口から東口方面へと行き交う交通の要衝、県道51号線と南北に伸びる旧水戸街道・県道261号線が交差する柏市・若葉交差点に柏教会は位置する。土、日ともなれば教会前の県道は長い車列で渋滞する。渋滞した車窓から「あっ、あれは、何だ!」とばかりに見上げられる看板、それが文鮮明先生・自叙伝“平和を愛する世界人として”を堂々とPRする看板だ。 あまりにも大胆・・・? 普通、普通!

    柏教会礼拝堂の前面に掲げられたPR看板は、縦2.25メートル、横3.0メートルだ。条例に基づき壁面の5分の1に抑えられているが、実に良く目立つ。

    平和のシンボル鳩が飛び交う大空をベースに、自叙伝と金日成主席、ゴルバチョフ大統領とのツーショット写真が浮かんでいる。何よりも、「人類の救世主、メシヤ、真の父母、文鮮明師自叙伝」の文字が大きく注目を集める。

    信号待ちする人々も「何かしら・・・」と、いぶかしげに見上げるPR看板は、間違いなく大きなPRとなって、今後の自叙伝配布に大きな効果をもたらすものと考えられる。統一教会の決意、柏教会の決意がこのPR看板に現れている。

    | 2011-09-09 | 話題